ホーム > 催しもの一覧  >  2010年度版  >  (2010/11/27)SSS2010 STEP2-5

STEP2-5「閉曲面をめぐってーポアンカレ予想が出てきた理由は?」

日時:2010年11月27日(土)10:00〜16:00
場所:静岡大学理学部A棟2階大会議室(A209室)
持物:筆記用具、弁当
担当:小山晃 理学部・数学科・教授
概要:クレイ数学研究所のミニレアム問題の1つであるポアンカレ予想が解決され、その顛末はペレルマンの生き方を含め世の中を賑わしました。ここでは、その予想の背景をオイラー数による閉曲面の分類との関わりから読み解いていきます。

※土日祝祭日は理学部A棟玄関が施錠されていますので、当日09:30-09:50頃に理学部A棟玄関前にきていただければ、チューターが解錠して、大会議室(A209室)へ案内します。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:114 平均点:4.30

催しものカレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2019年10月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019-10-16

カレンダの終端です。

静岡サイエンススクールポスター

応募する

ネットで参加する